記念写真撮影 写真撮影のエスタのコンセプト 交通アクセス お申し込み・お問い合わせ

 

「ホーランドアメリカ とは その歴史と特徴 」

ホーランドアメリカとは
他船と比べて全体的に中型に抑えたクルーズ客船です。
サービスの質を保つ為、船体はコンパクトにおさめ、サービスが行き届く事を大切にしています。
クルースタッフも専門のホスピタリティ校で学んだフィリピン人とインドネシア人で組まれており、日本人客には好まれる暖かなサービスが受けられます。
そのおかげでホーランドアメリカラインは20年続けてクルーズでは名誉な賞を受賞しています。

「ホーランドアメリカ とは その歴史と特徴 」続きはこちら!


船の特徴
ホーランドアメリカでは10万トン以上の船は造りません。先述の通り、サービスが行き届く様には大きい船では限界があるからです。
また船内はクラッシクな作りになっており、おちついた静かな船内を体験できます。
カジュアル船とは違い、利用客もおちついたお客様が多い為11時過ぎには船内は静寂に包まれます。船は海側以上の客室には全室バスタブ完備(一部を除く)されています。
日本需要の多いバスタブがあるのは魅力の一つです。ただプリセンダムだけは例外で、他社から移籍した船なのでバスタブが約半分にしかついていません。
故に船も他船に比べて小さいサイズなのです。

客船のご紹介
~歴史と伝統を誇るホーランドアメリカラインの全船(すべてオランダ船籍)~

ピクナルクラス

コーニングスダム
ship
就航年:2016年 乗船人数:2,650名 総トン数:99,500トン 全長:297m 船籍:オランダ 航海速力:44km/h

ニュースタテンダム
ship
総トン数:99,500t 初就航:2018年12月 乗客定員:2,666名 乗組員数:1,036名


ピナクルクラス・シップに「クラブ・オレンジ」登場!





photo
photo
photo
photo

dining

ピナクルクラス・シップの新サービス・プログラム「クラブ・オレンジ」は、優先アクセス権や特別なアメニティ、スペシャルイベントなどで、ホーランド・アメリカ・ラインでの船旅をより優雅に演出いたします。

◆ピナクルクラス・シップ: 「コーニングスダム」 「ニュースタテンダム」

≪クラブ・オレンジ 優先権≫
・優先チェックイン
・ゲストサービスデスクでの優先ライン
・スペシャリティレストランの優先予約
・寄港地観光デスクでの優先ライン
・テンダーボート優先乗船
・優先下船
≪クラブ・オレンジ ダイニング≫
・ルームサービス グレードアップメニュー
・朝・夕食時、以下の場所での豊富なメニュー
コーニングスダム&ニュースタテンダム :
クラブ・オレンジ専用ダイニングルーム
その他の船: メインダイニングルームでの優先シーティング
≪クラブ・オレンジ アメニティ≫
・お部屋の無料アップグレード*1・2
・クラブ・オレンジ専用コンシェルジュホットライン(直通電話)
・乗船日のご夕食に無料グラスシャンパン
・プレミアム・バスローブ
・クラブ・オレンジ オリジナルクルーズカード
・クラブ・オレンジ トートバッグ (1室につき1個)
≪クラブ・オレンジ 特別イベント≫*2
・船長によるクラブ・オレンジ特別イベントへの招待

クラブ・オレンジは、クルーズ全期間適応です。コーングスダム&ニュースタテンダム:お一人様1泊につき$35,その他の船:お一人様1泊につき$25です。クラブ・オレンジの料金は1室につき2名様までの適用となり、3/4人目のお客様は、料金はかかりませんが、同室のお客様全てがクラブ・オレンジのサービスを享受できます。



Rクラス ホーランドアメリカライン特有の落ち着いたエレガントでクラシカルな雰囲気の中に、華やかでありながら温かみのある船内の色調、
まるで我が家にいるようにリラックスしていただけるクルーの細やかなサービス。のんびりと過ごされたい方、ロングクルーズを好まれる方におすすめの客船です。

ロッテルダム
ロッテルダム(フラグシップ)
総トン数:61,849t 全長:238m 乗客数:1,404人 乗務員数:603人 就航年:1997年

アムステルダム
アムステルダム(フラグシップ)
総トン数:62,735t 全長:238m 乗客数:1,380人 乗務員数:604人 就航年:2000年

フォーレンダム
フォーレンダム
総トン数:61,214t 全長:238m 乗客数:1,432人 乗務員数:604人 就航年:1999年

ザーンダム
ザーンダム
総トン数:61,396t 全長:238m 乗客数:1,432人 乗務員数:604人 就航年:2000年

Sクラス
Sクラス客船の良さは、中型客船のアットホームな雰囲気を楽しめる大きさで、木製の温かみのある高級感の中、ゆっくりとクルーズを楽しめるところにあります。
ホーランドのダムシップに共通した、まるで「洋上の美術館」という言葉がぴったりの客船が揃っています。

マースダム
マースダム
総トン数:55,575t 全長:219m 乗客数:1,258人 乗務員数:569人 就航年:1993年

ヴィーンダム
ビーンダム
総トン数:57,092t 全長:219m 乗客数:1,350人 乗務員数:534人 就航年:1996年

シグネチャークラス
ホーランドアメリカライン史上最大級の客船。
人気のビスタシリーズよりもさらにゆとりをもって設計されたパブリックスペース、パノラマオーシャンビューを楽しめるバー``シルクデン``、アジアンレストラン``タマリンド``等、
今までのホーランドアメリカラインの客船になかった施設なども加わり、スタイリッシュでありながら、ホーランドアメリカラインならではのエレガントさを兼ねそろえた
新しい魅力をお楽しみ頂けるクラスです。

ユーロダム
ユーロダム
総トン数:86,273t 全長:285m 乗客数:2,104人 乗務員数:876人 就航年:2008年

ニューアムステルダム
ニューアムステルダム
総トン数:86,700t 全長:285m 乗客数:2,106人 乗務員数:874人 就航年:2010年

ビスタクラス
それぞれの名前が羅針盤の東西南北を表す4船の姉妹船、ビスタシリーズ。このビスタシリーズは85%の客船が海側に面しており、そのうちの80%はプライベートベランダ付きの客室です。
より多くのお客様に明るく広々とした空間をお楽しみいただけます。

ザイデルダム
ザイデルダム
総トン数:82,318t 全長:285m 乗客数:1,964人 乗務員数:817人 就航年:2002年

オーステルダム
オーステルダム
総トン数:82,305t 全長:285m 乗客数:1,916人 乗務員数:812人 就航年:2003年

ウエステルダム
ウエステルダム
総トン数:82,348t 全長:285m 乗客数:1,916人 乗務員数:810人 就航年:2004年

フォーレンダム
ノールダム
総トン数:82,318t 全長:285m 乗客数:1,972人 乗務員数:811人 就航年:2006年

プリセンダム
プリンセンダム
プリンセンダムは、かつて20世紀最高の名船と謳われた元ロイヤル・バイキング・サンです。
船内は昔の趣を残しながらも、ホーランドアメリカライン独特の木をふんだんに使ったクラシカルな色調でまとめ、パブリックスペースもホーランドオリジナルの名前に変更されました。
大型船では真似できないきめ細やかなサービスとコースが特徴的な船です。
総トン数:37,983t 全長:204m 乗客数:835人 乗務員数:499人 就航年:1988年 ホーランドアメリカライン加入・改装年:2002年




「ホーランドアメリカ とは その歴史と特徴 」続きはこちら!

holland
「2020‐21年ノールダム日本発着」クルーズ


ノールダム
フォーレンダム

ノールダム バンクーバー~横浜 北太平洋横断&アラスカクルーズ
2020年9月27日~10月12日

ホーランドアメリカ日本発着 ノールダム 横浜発着 錦秋の南西諸島・沖縄・台湾・済州島・九州周遊クルーズ
2020年10月12日(15日間)横浜(神戸発)横浜着

ノールダム 2021年横浜発着クルーズ
A.陽春の台湾・沖縄・南西諸島と九州15日間クルーズ
B.新緑の高知・日本海とウラジオストク日本周遊15日間クルーズ
C.日本列島・台湾・ウラジオストクを巡る大航海29日間クルーズ<連続乗船プラン>

  マースダム
マースダム
ホーランドアメリカ マースダム 横浜発着 神戸・ウラジオストック・函館クルーズ
2019年7月31日-8月14日/8月14日-8月28日
【出発済ご参考】


ニューアムステルダム
ニューアムステルダム
ニューアムステルダム
グランドアジア&パシフィックボヤージュ
23泊/25泊/34泊/48泊/57泊/82泊

① 9/30 82泊 ロサンゼルス発着(オリジナルコース)
② 9/30 57泊 ロサンゼルス発 シドニー着
③ 9/30 34泊 ロサンゼルス発 香港着
④ 11/4 48泊 香港発 ロサンゼルス着
⑤ 11/4 23泊 香港発 シドニー着
⑥ 11/27 25泊 シドニー発 ロサンゼルス着

ホーランドアメリカ Dancing with the Stars At Seaのご案内

  オーステルダム
オーステルダム
 


ユーロダム
ユーロダム

2017年4/29以降の定点コース
では 日本語メニューを事前に
手配可能です!
    ウェステルダム
ウエステルダム
ホーランドアメリカ ウェステルダム 北太平洋横断&アラスカクルーズ 横浜~バンクーバー
2020年4月25日-5月10日

ホーランドアメリカ ウェステルダム ms Westerdam 横浜発着 神戸・ウラジオストック・函館クルーズ
2020年4月11日-4月25日

ホーランドアメリカ ウェステルダム ms Westerdam 横浜発着 台湾・沖縄クルーズ
2020年3月28日-4月11日

ホーランドアメリカ ウェステルダム ms Westerdam 横浜発着 沖縄・石垣・台湾クルーズ
2019年 2019年3月31日-4月14日
4月14日-4月28日
3月31日-4月28日
【出発済ご参考】


 

      ヴィーンダム
ヴィーンダム

Dancing with the Stars At Seaのご案内



アムステルダム
アムステルダム
ワールドボヤージュ区間コース 香港発フォートローダデール着 
2018年3月9日~4月28日
【出発済ご参考】

ワールドボヤージュ区間コース フォートローダデール発香港着
2018年1月4日~3月9日
【出発済ご参考】
  プリセンダム
プリセンダム
ワールドボヤージュ フォートローダデール発着
2018年1月3日~3月12日
【出発済ご参考】


ザーンダム
ザーンダム>

  ザイデルダム
ザイデルダム




スタテンダム
スタテンダム
  ロッテルダム
ロッテルダム
 


新造船コーニングスダム
コニングスダム

  ラインダム
ラインダム



フォーレンダム
フォーレンダム
    コーニングスダム
ship
ホーランドアメリカ コーニングスダム アラスカクルーズ
2020年

ホーランドアメリカ コーニングスダム アラスカクルーズ説明会 2020年3月7日(土)10:00~12:00(9:45集合)予定
         
 
ホーランドアメリカライン 空港⇔港間 トランスファー料金はこちら
ドリンクパッケージのご案内はこちら
ホーランドアメリカラインの船内生活はこちら

選べるダイニングスタイル ワールドクラスの味の饗宴
~選べるダイニングスタイルで好きな時間、好きな場所でお食事を~

ホーランドアメリカラインの選べるダイニングスタイルなら、お食事の時間と場所に縛られることのない、より自由なクルーズをお約束いたします。
ワールドクラスのシェフ監修による感動の食体験を洋上で・・・

ホーランドアメリカの諮問機関であるCulinary Councilには、世界的に影響力のある料理人が所属しています。
彼らは日々新しいメニューの創造と、ホーランドアメリカ料理プログラムの指導に尽力しています。

料理人
全ての船の責任者でもある当社の料理長で、海上で最も多くの賞を受賞した料理人。

メインダイニング
メインダイニング
ホーランドアメリカラインの船旅
ホーランドアメリカラインが 選ばれる10の理由
1】145 年以上の歴史と伝統が継承された品格ある大人の船旅

ホーランドアメリカラインの船旅は、違いが分かる大人のお客様にもご満足いただけるプレミアムなおもてなしが随所に盛り込まれております。決して大がかりな演出をする訳ではありませんが、145 年以上の歴史を通し世界中のお客様に愛され続ける心のこもったおもてなしの真髄は今も大切に受け継がれ、より洗練された船旅を実現しています。 <品格と信頼が生んだオランダ王室とのつながり>
オランダ王室とのゆかりも深く、ロイヤルファミリーに命名された客船も存在。名実ともに格調高きクルーズ会社として一目置かれた存在です。
ユーロダム 2008 年、ベアトリクス女王(現・王女)により命名
ニューアムステルダム 2010 年、マキシマ王妃により命名
コーニングスダム 2016 年、マキシマ王妃により命名
コーニングはオランダで国王の意。2013年のウィリアム•アレクサンダー国王即位を表敬。

2】真心のこもったサービスと数多くの賞に輝く世界トップレベルのクルーズライン
世界的に有名なクルーズ雑誌による投票で、読者やクルーズ専門家が選ぶ評価の高い客船として数多くの受賞歴があります。サービス、料理、客船そのものに対する評価だけではなく、魅力ある航路を提供するクルーズラインとして、また社会貢献度の高い倫理的な会社の一つとして注目を集めています。
<ホーランドアメリカラインの輝かしい受賞歴>
世界海洋客船協会(WOCLS)の会員によって選ばれるBEST OVERALL CRUISE VALUE(クルーズ全般で最高品質を認められた賞)を24 年連続で受賞しています。
*最高評価のプレミアム客船として選定
*ハイデラックス5 つ星プラスの評価
*最も優れたクルーズラインのシェフとして 料理長ルディ・ソダミン氏が表彰
*最も優れたプライベートアイランドとしてハーフムーンケイが表彰
ホーランドアメリカラインのスタッフは、サービスの権威アメリカンアカデミー・オブ・ホスピタリティサイエンスよりインターナショナル5スターダイアモンド賞などの名誉ある賞を受賞しています。

3】ワールドクラスのお食事選べるダイニングスタイル
世界でも非常に影響力のある料理人たちが活躍するホーランドアメリカラインのダイニング。3 つ星レストランの料理長からテレビの料理ショーで活躍するホスト料理人まで、多彩なメンバーが監修する料理は、味はもちろん、創造性、プレゼンテーションともに一流です。最後にもう一つ、レストランスタッフの洗練されたサービスを融合させれば、食事はもはやエンターテイメント。前菜からデザートまで、完璧なストーリーでグルメな世界中のお客様をうならせるでしょう。
洗練された空間がお食事をより一層特別な時間に演出してくれくるメインダイニング。伝統的な船のスタイルとしてお食事の時間とテーブルをお決めになるか、フリースタイルでお好きな時間にダイニングへ足を運ばれるか、お客様の嗜好に合わせてお選びいただけます。メインダイニング以外にも、ビュッフェスタイルの気軽なリドマーケット、伝統的なイタリアンをカジュアルな雰囲気で楽しめるカナレット*、熟成ステーキや高級シーフードが食欲をそそるピナクルグリル* など多彩なラインナップで飽きさせません。
* 予約制・有料のレストランです。

4】豊富なアクティビティと魅惑のエンターテイメント
お目覚めからお休みになるまで、船上ライフを彩る様々なプログラムが用意されています。朝日を浴びてストレッチ、伝統的な船上スポーツのシャッフルボード、著名なゲストスピーカーが熱演する教養講座、夜を彩る本格的なステージショー、ラスベガスを彷彿とさせるカジノ、ムード溢れるピアノ演奏、朝が来るまでディスコタイム。健康を考えたアクティビティや、学ぶ楽しみが船上でも味わえるアカデミックプログラム、チケット予約なしで鑑賞できる本物志向のエンターテイメントは、歴史と伝統の中に新しい流行を取り入れることを忘れないホーランドアメリカラインならではの努力とセンスの賜物です。

5】行き届いたサービスの中型客船のみを保有
次々と新しい大型客船が新造される現代において、中型船にこだわり続けるホーランドアメリカラインの姿勢は、とても潔く強い信念さえ感じられます。お客様の一人ひとりに心からご満足いただけるサービスを追求する中で、奇をてらった仕掛け満載の大型客船とは一線を画する独自の方向性を見出しました。時代に流されることなく145 年以上の歴史と伝統を誇りに、一人ひとりのお客様に寄り添ったきめ細やかなおもてなしが提供できる中型客船こそ、ホーランドアメリカラインが最も輝ける舞台なのです。

6】『洋上の美術館』モダンクラシックな船内
『洋上の美術館』と称されるホーランドアメリカラインの船内には、上品なアンティークの家具、高価な美術品、暮らしに彩を添える生花、クラシックな色調の絨毯や壁紙がバランス良く配されています。145 年以上の歴史と伝統が感じられる優雅で格調高い空間に、すっきりとモダンな雰囲気を融合させた船内は、居心地の良いお気に入りのサロンで過ごすひと時のような極上の時間を演出してくれます。

7】ワールドワイドな旅先、多彩な航路
世界中のクルーズエリアに500 種類以上のコースを設定。60 か国、280 か所以上に及ぶ寄港地は7大陸の全てを巡ります。航路の多様性は145 年以上の船会社の歴史に裏打ちされたものであり、中型客船だからこそ訪れることのできる情緒あふれる港からは、陸路では訪れるのが難しい隠れた魅力の町へも簡単にアクセスすることができるでしょう。
各寄港地では、蓄積された情報と長年の信頼から生まれた珠玉のオプショナルツアーがさらなる冒険心を満たし、船旅をより一層思い出深い出来事へと変えてくれます。

8】居心地の良い居住空間とサービス
バスタブを備えた客室の多さ毎日の疲れを癒し、最もリラックスできる空間として活躍するプライベートな客室には、5ツ星クラスのホテルと同等に高品質のリネン類、ソフトな寝心地のユーロトップマットレスのベッド、高級スパブランドのバスアメニティをご用意しております。また、日本人のお客様から特にご要望の多い固定式ではないマッサージヘッドのついたハンドシャワーも完備、快適なバスタイムをお過ごしいただけます。さらに1 週間以上の長旅でも問題なく収納できるスペースも十分に確保してあり、まさに『洋上の我が家』として寛ぎの空間をご満喫いただけます。

9】感謝の気持ちを込めたリピータープログラム
きめ細かなサービスで多くのファンを持つホーランドアメリカラインは、全てのクルーズラインの中でも繰り返しご乗船されるリピーターのお客様の割合が非常に多いことで有名です。リピーターのお客様との再会は大きな喜びであり、世界最高水準のリピーター率はホーランドアメリカラインの誇りでもあります。リピーターのお客様はマリナーソサエティというプログラムの特典を享受できます。乗船泊数や船上消費額に応じたウェルカムバックリワード(プレゼント)がさらに将来のクルーズの楽しみを広げてくれます。

10】専門スタッフの知識と対応力
信頼できるスタッフがお客様のご質問、ご要望に真摯に対応いたします。長年の経験により培われた知識と本来のサービス精神は、クルーズが初めてのお客様にも、リピーターのお客様にもご納得いただけるきめ細やかな対応で、ご出発前からホーランドアメリカラインへの信頼度を高めます。熟練したスタッフが、心を込めてお客様のクルーズを最高の体験となる様お手伝いいたしますので、ご両親へ贈る旅、お二人の記念の旅としても安心してお選びいただけます。

 

 
photo
photo
BBキングス
カナレット(ニュースタテンダム)
photo
photo
カナレット(ロッテルダム)
カナレットロゴ
photo
photo
カナレット料理
グランドダッチカフェ
photo
photo
シグネチャークラスピナクル
ダイニング(コーニングスダム)
photo
photo
ダイニング(ビスタクラス)
タマリンド
photo
photo
タマリンド
タマリンド料理
photo
photo
タマリンドロゴ
ピナクルグリル(ウエステルダム)
photo
photo
ノーツ
ピナクルグリル(マースダム)
photo
photo
ピナクルグリルロゴ
ピナクルグリル料理
photo
photo
ピナクル料理
ビルボードオンボード
photo
photo
ビルボードオンボード
ビルボードオンボード
photo
photo
ビルボードオンボードロゴ
ミュージックウォークロゴ
photo
photo
リドマーケット(シグネチャークラス)
リドレストラン(コーニングスダム)
photo
photo
リドレストラン(ニュースタテンダム)
リンカーンセンター
photo
photo
リンカーンセンターA
リンカーンセンターB
photo
photo
リンカーンセンターロゴ
ローリングストーンズ
photo
photo
ローリングストーンズ
ローリングストーンズ
photo
photo
寿司職人
波寿司
photo
波寿司ロゴ
フォーレンダム画像
ホーランドアメリカ画像
フォーレンダムプール画像
 
クルーズネットワーク
アイネットジャパンコーポレーション 東京都知事登録旅行業
第3-4648号
〒103-0014東京都中央区日本橋蛎殻町1-21-4 N2ビル2階
営業時間/月曜~金曜09:30-18:00(休日:土.日.祭日)
Tel.03-5623-0780 Fax.03-5623-0730
E-mail: cruise-network@i-net-japan.co.jp